top

 

 スポンサードリンク

夏バテには辛い食べ物で食欲増進

暑い、暑い、と繰り返し言っても、涼しくなるわけではないですが、それでもやはり暑い。
特に今年は天候不順で、蒸し暑さも加わり、夏バテしている人も多いのでは。
おいしく食べ、身体を動かすことが夏バテ対策には一番いいと思うのですが、その食欲がこの暑さで減退。
良く暑い時には熱いものを食べればいいといいますが、辛いものも、食欲がない時にはいいですね。
まあ、胃が弱りすぎている場合には、あまり刺激を加えることは良くないのかもしれません。
特に胃潰瘍なんて診断を下されている人は、辛いものや、刺激のあるものはドクターストップされますね。
でも、暑い時のあの辛さの刺激がなんとも言えない。
私は辛めのカレーが大好きなんですが、この暑い時にはさらに辛さを付け加えます。
カレーにキムチを乗っけてもいいですね。
とにかく夏バテをなんとか乗り切り、この夏を楽しみたいものです。  


かき氷で夏の暑さをしのぐ

夏と言えば照りつく太陽。
まあ、今年は梅雨明けがあるのかないのかわからない状況ですから、夏らしくないと言えばそうなんですが、からりと晴れた時はやはり冷たい食べ物が欲しくなります。
冷たい食べ物と言えば、キャンデーやアイスクリーム
どちらも大好きなんですが、やはり昔からの夏の定番と言えばかき氷ですね。
鼻につーんとくる冷たさを我慢しながら喉に流し込む。
ひととき、暑さを忘れてしまいます。
しかし、私の好きなかき氷は口の中に入れるとふわ~ととけるタイプ。
最近のかき氷をつくるおもちゃのような道具もいくつか販売されているようですが、どれも削った氷が固い。
やはり、お店ので使う業務用の大きなかき氷機で作ったものが最高ですね。  


夏バテを防ぐ食べ物って何

テレビのコマーシャルではないですが、夏場はこってりしたものよりもあっさりしたものがいいと考えてしまうのは、もう若くない証拠なのでしょうか。
確かに二十歳までは季節に関係なく、こってりしたものを食べてもへっちゃらで、それが力の源となって、元気が出てきたものですが、どうもこの蒸し暑さで脂っこい物やカロリーの高いものばかりを食べていると、夏バテしそうですし、生活習慣病予防の面から考えても、あまり良くない気がします。

しかし、毎日ソーメンや冷麺などののど越しのいいものばかりを食べているわけにはいきませんから、バランスよく食べないとダメですね。
野菜類と冷たいスープをメインに、魚や肉をバランス良くとる、こんな感じで暑い夏を乗りきろうとおもいます。  


前のページ

インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら